2017年11月22日

2017年11月21日、事務折衝を行いました

2017年11月21日、本部棟2階第一会議室で事務折衝を実施しました。

●11/21 事務折衝「睡眠医療センターにおける勤務時間の割振り等について」「2018年度 障がい者職員の労働環境改善に関する要求書の提出」

「睡眠医療センターにおける勤務時間の割振り等について」
1)内容
(1)勤務時間の割振り
 @臨床検査技師
  臨床検査技師の勤務の割振りについて、深夜勤務時間において患者の脳波解析を行う必要があるため、業務の都合上、下記のとおり勤務の割振りを追加し改善を図る。
 A臨床検査技師(パートタイム職員)
  睡眠医療センターにおける職員の業務負担軽減のため、現在配置している
  臨床検査技師(パートタイム職員)につき、夜間勤務帯を新設するもの
  ア勤務時間午後4時から翌日の午前9時まで(以下「※」の@Aに追加)
    ※現在の勤務区分
     @午前8時30分から午後5時まで
     A午後0時30分から午後9時まで
  イ休憩時間120分(午後6時30分から午後7時30分まで及び午前4時30分から午前5時30分まで)


「2018年度 障がい者職員の労働環境改善に関する要求書の提出」
【 1 配慮に関する要求 】
1-1 障がい者差別解消法、障がい者雇用促進法の趣旨と制度、及び合理的配慮の具体的な事例について、職員、とりわけ職制を対象に年1回以上の研修を実施すること。職制については、参加を義務付けること。
1-2 職制が異動する場合、障害者本人の特性や必要な配慮事項などの引き継ぎを必ず実施すること
1-3 障がい者職員を配置する職場の環境について、机、椅子、キャビネットの配置、通路の幅等、障がい者職員の意見を聞き、障がい者のストレスを軽減する改善を行うこと


続きは、http://ncu-union2.jp/kosho-data/ をご覧ください。

なお、学外から閲覧する場合はIDとパスワードが必要です。
ご了承ください。
posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 10:39| 交渉

2017年11月16日

国立山形大学パワハラ問題で労組が奮闘

山形大xEV飯豊研究センターのパワーハラスメント問題で、山形大学職員組合が奮闘しています。
ハラスメント行為は言語道断です。
パワーハラスメントだけではなく、大学当局の隠ぺい体質も大問題と言えます。

報道によると、「キャンパスハラスメント特別対策委員会」を設置したとのことです。
山形大学職員組合の厳しい追及が功を奏した形です。
今後の動向を注視するとともに、職員組合の奮闘にエールを送りたいと思います。


●山形大がパワハラ調査 職員側「証拠写真」公表 - 産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/171115/lif1711150048-n1.html

●パワハラ訴え3人退職 山形大リチウム電池研究拠点 センター長による行為 ...
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201710/20171005_53029.html

●山形大でパワハラか「役立たず」等書き置き|日テレNEWS24
http://www.news24.jp/articles/2017/11/09/07377529.html

●山形大:職員2人が「教授パワハラ」 組合に相談 /山形 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20171006/ddl/k06/040/010000c

●<山形大パワハラ>センター長「偏差値40」連呼 職員組合が暴言・書き置き ...
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000002-khks-soci

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 14:11| 情勢資料

2017年11月15日

「公開質問状」への回答

名古屋市立大学教職員組合(櫻井宣彦執行委員長)が10月31日、公立大学法人名古屋市立大学理事長候補者選考候補適任者の郡健二郎氏に公開質問状を手渡しました。
公開質問状に対する回答が11月14日教職員組合宛に届きました。ここに一部を掲載します。

=====

1.大学の意思決定のあり方について
(1) 大学運営におけるボトムアップの活用、とくに研究科自治についてどのようにお考えですか。

私は、4年前の所信表明の中で、大学運営について心がけたいことは、「職場の和・透明性・実行性・戦略性」であることを話しました。この考えは今も変わらず、これからも持ち続ける、私の基本姿勢です。
具体的には、学内の幅広い意見を踏まえながら、全学的な意思形成をする「職場の和」、重要事項の決定や経営の情報開示をできる限りおこなう「透明性」、長期ビジョンのもと、プランをやり抜く「実行性」、企画や運営における「戦略性」です。このことは、今回の所信表明や公開演説会でも強調させていただきました。
成長する企業には、「会社経営の透明性と職員の一体感」があると言われています。名市大がさらに発展するには、「透明性と一体感」は必須です。名市大の発展と構成員の幸せは車の両輪であるからです。
一方、この3年半、名市大は発展に伴い事業は専門化・細分化しています。そこで心がけたいことは、事業・・・

=====

詳細は名市大教職員組合学内版ホームページに掲載しました。
名市大教職員のみなさまは、ぜひご覧ください。

なお、学外から閲覧する場合はIDとパスワードが必要です。
ご了承ください。

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 11:14| お知らせ

2017年11月10日

知ってトクする<iDeCo、NISA>のミニ説明会

名市大教職員組合員のみなさまへ

知ってトクする<iDeCo、NISA>のミニ説明会を開催します。

● 日時;11月14日(火) 18:30〜、19:00〜
● 講師;東海労働金庫の名市大担当者
● 場所;病院中央診療棟4階第1会議室の控え室
(病院支部主催コーヒーブレイク会場内)
● 病院支部以外の組合員もスタバコーヒーとドーナツ1個進呈


ぜひ、ご参加ください。

その場で iDeCo を申し込まれる場合、次の3つを持参して下さい。
@ 印鑑(口座の届出印),A 本人確認のための書類(運転免許証、パスポート、マイナ ンバーカードのいずれか)、B 基礎年金番号の控え



●iDeCo(個人型確定拠出年金)
今申し込めば2018年度はまるまる所得控除

iDeCoは、11月中に申し込めば12月加入に間に合い、1月の給料から引き落しが可能です。そうすれば2018年の年末調整で12ヶ月分の所得控除が受けられます。今が始めどきですね。

●「つみたてNISA(ニーサ)」が来年1月スタート
リスクはあるけど利子が20年間非課税

「NISA」とは、2014年1月に始まった個人投資家向けの少額投資非課税制度のことです。来年1月にスタートする「つみたてNISA」は、従来のNISAと比べ年間投資上限が40万円(通常のNISAは120万円)に抑えられますが、20年間非課税の措置を受けられます(通常のNISAは5年間)。
投資信託なのでリスクは伴いますが、非課税の措置が長期に渡って受けられるのが特徴です。

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 08:57| お知らせ

2017年11月09日

名市大 イベント・公開講座のお知らせ

個人的に、面白そうだな、参加してみたいなと思った講座のお知らせです。

●【開催日12月9日】第7回地域づくりセミナー「よそ者の所作ー何をし、何をしてはいけないのか?グローカルな視点で考えるー」

http://www.nagoya-cu.ac.jp/science/contribution/event/h29/010289.html

1)内容:まちづくり、地域づくり、地域おこしなどの活動が広く展開されている中で、地域の課題解決に「よそ者」が参入し活動に加わる、または「よそ者」がコトを起こし、地域住民が加わっていく・巻き込まれていくということも生じています。
本セミナーでは、海外でのボランティア活動を経て、日本の地域と関わっている2名のゲストから、その取り組みをお聞きすると共に、国内外の経験から「よそ者が地域課題に取り組む」ことの意義、難しさ、または限界についてお話いただきます。
     コーディネーター:人間文化研究科准教授 榎木 美樹
     第1部:セネガルで考え名古屋でやってみたことー触媒としてのよそ者 稲葉 久之氏
     第2部:よそ者の「限界」、覚悟ある住民としてーアフリカ、福島経て信州 中村 雄弥氏
2)主催:人間文化研究科
3)開催場所:滝子(山の畑)キャンパス 1号館301号室
4)対象:地域づくり・国際協力・市民活動などに興味のある方
5)備考:人間文化研究科「地域づくり」ユニットウェブサイト

●名市大生企画&ガイド
小幡・矢田無住法師と山田氏関連の寺をめぐる

http://www.nagoya-cu.ac.jp/about/press/press/release/files/20171101/291102.pdf

鎌倉時代、小幡や矢田を含む広大な領地を支配していたのは山田氏でした。承久の乱(1221年)の時、山田重忠は後鳥羽上皇側として奮戦し亡くなりましたが、その後も紆余曲折を経ながら一族はこの地に住み
続け、約40年後に菩提寺である長母寺に住職としてやって来たのが『沙石集』の著者としても名高い無住道暁でした。
立ち寄りスポットの長母寺では、通常一年に一度の開扉である重要文化財の「無住国師像」と「本堂」を特別拝観します。京と鎌倉を結ぶ鎌倉街道の要所として栄えた当時の名古屋、名古屋城だけではない古い時代の名古屋の魅力を多くの方に知っていただこうと、名古屋市立大学に学ぶ学生14名がこのコースを企画しガイドを務めさせていただきます。

【日 時】 平成29年11月18日(土)9:30−11:30
【定 員】 20名(先着順)
【参 加 費】 500円(名鉄乗車券は別途)
【集 合】 長慶寺(名鉄瀬戸線「小幡」駅から徒歩10分)
【解 散】 大曽根駅
【申 込】 ホームページ http://yattokame.jp/2017/machiaruki/992.html

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 13:30| お知らせ

2017年11月07日

名市大 契約職員(戦略広報推進員)採用試験募集について

契約職員(戦略広報推進員)採用試験があります。
受付期間は、平成29年11月1日(水曜日)から平成29年11月22日(水曜日)午後5時までです。

【従事予定業務(例)】
・広報に関する企画・立案、事業の実施や連絡調整等の業務
・報道関連業務

【雇用期間】
雇用期間は、採用日から採用後の最初の 3 月 31 日までとします。なお、6 ヶ月間の試用期間があ
ります。勤務成績等により、1 年以内の期間を定めて 2 回まで雇用契約を更新することがあります。

【給与等】
月額給与 大卒以上 305,800円
この他に通勤手当(月額)が支給されます。
休 日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
休 暇:年次有給休暇 20日
社会保険:全国健康保険協会管掌健康保険、厚生年金、雇用保険、労災に加入します。
勤務場所:名古屋市立大学 桜山キャンパス


いずれも大学公式サイトから引用しました。

詳細は次のページをご覧ください。
http://www.nagoya-cu.ac.jp/about/recruit/staff/010277.html

興味、関心がある方はぜひぜひご応募ください。
新しいフィールドが待っていますよ。

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 11:08| 大学情報

2017年11月06日

2016年度自治労連共済還元金お支払いについて

名市大教職員組合 自治労連共済加入者のみなさまへ

平素は自治労連共済にご加入いただき、ありがとうございます。
ご加入中の自治労連共済の還元金支払いの準備が整いました。今回の還元金の対象期間は2016年6月1日〜2017年5月31日です。組合書記局に電話(内線・川澄8026)連絡の後、印鑑持参の上、組合事務室(川澄キャンパス 本部棟1階)へお越しください。極力、年内に受領してください。その後は、一定期間の後、組合会計に戻入します。早めにお受け取りください。

例えば、
医療重視型の33型(1,820円/月)に加入している方の還元金は3,580円です。
バランス重視型の21型(1,430円/月)に加入している方の還元金は3,330円です。
※いずれも40歳以下のパターンです。

自治労連共済は自主共済のため、所得税等の控除対象にはなりません。控除証明書も出ませんのでご了承ください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

【問合せ先】名古屋市立大学教職員組合 書記局
(TEL) 052-853-8026 (内線 川澄・8026)
(E-mail)  honbu【@】ncu-union1.jp
※【@】を半角@に変更し、送信してください。
(WEB) 一般公開版 http://ncu-union1.jp/
書記局ブログ http://blog.ncu-union2.jp/
「名市大 組合」で検索してください。


posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 16:58| お知らせ

2017年11月01日

さくらんぼ保育所企画「マスキングテープであそぼう」のご紹介

12月9日、さくらんぼ保育所でマスキングテープを使った遊びを体験できる企画が行われます。さくらんぼ保育所のパパママでなくても参加可能です。興味がある方は、お子さんと一緒に参加してみては?
配布用チラシ.jpg配布用チラシ-2.jpg
posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 16:06| 活動

2017年10月31日

12/9(土)労福協主催バスツアー

毎年恒例の労福協主催のバスツアーが行われます。今回は大河ドラマ「おんな城主 直虎」ゆかりの地を訪ねるツアーです。
お申し込みは組合書記局へ。
20171209_労福協バスツアー.pdf
posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 14:43| 活動

2017年10月25日

11/3(金・祝) 名市大の川澄祭に来てください!

名古屋市立大学教職員組合
組合員の皆様へ

教職員組合川澄支部からのお知らせです。

川澄支部では毎年、川澄祭の前夜祭(金曜夜)に模擬店を出店しています。
今年も祝日にあたりますが、みたらし団子と生鮮野菜のお店を開きます。

当日は一般販売もしますので、他支部の組合員の方も、
たまには桜山をのんびり散策がてら、お立ち寄りになりませんか?

※川澄支部の方へは、10月24日に常備薬のご案内とともに、書記局からの
交換便で無料引換券(緑色の用紙です)をお送りしています。お受け取り下さい。


●と き:
11月3日(祝)16:00〜無くなり次第終了、お急ぎください!


●ところ:
桜山キャンパス川澄分館の南側

●ねだん:
 3本200円です。毎年大評判!

●やさい:
 今年は初の試みとして、生鮮野菜も販売します。
 ご期待ください!


支部を問わず、「焼いてみたい!」というサポーター参加も大歓迎です!
(当日は服装のきまり等がありますので、事前にお問い合わせ下さい)

どうぞよろしくお願いいたします。

20171103_kawasumifesta.jpg

IMG_2566.JPG   IMG_2570.JPG

昨年度の模様です。組合員さんだけではなく、多くの学生さん、市民の皆さんが訪れてくれました。

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 10:57| 支部・部会