2018年02月01日

2018/1/31 事務折衝を実施しました

2018年1月31日、本部棟2階会議室で事務折衝を実施し、大学当局から2点の提案を受けました。
提案を受けた内容につき、持ち帰り検討する旨を伝えました。

●01/31 窓口折衝「ハラスメント対策の抜本的強化を求める申し入れ」

ハラスメント対策の抜本的強化を求める申し入れ

一、12月22日、名古屋市は名市大の課長(市総務局から派遣)が部下の女性職員に
対してストーカー行為等を働いたとして減給処分(10 分の 1、3 月)を 下したと公表
した。記者会見では、処分を受けた課長は、今年 5 月から 7 月の間に LINEアプリ
等により返信等を要求する内容のメッセージを 40 回以上送信し、7 月 14 日に瑞穂
警察署長からストーカー規制法に基づく警告を受けたこと。また、それに先立つ 5月
1 日には飲食店で女性職員の手を 1 分間握り相手に不快な思いをさせたことが明ら
かにされた。
一、教職員組合は、10 月にハラスメントアンケートを実施する中で、この件の情報
をある程度入手していた。被害者本人のプライバシーを尊重すること、ま・・・


●01/31 事務折衝「平成29年度の給与改定(人事委員会勧告相当分)について」

1.給料表
名古屋市人事委員会の調査において、名古屋市行政職職員と民間事業所の
従業員との間で生じていることとされた月例給に係る較差(0.09%)につい
て、較差内の月例給与でその引上げを行うことを前提に、給料表及び地域手
当(はね返り分)でその引上げを行うという考え方の下、各給料表を次のと
おり改定する。
なお、給料月額については、民間の初任給等との間に差があることを踏まえ、
初任給を中心に初任層(1級及び2級)について引上げを行うものとする・・・


「平成30年度 組織・定員追加説明(病院 診療技術部の新設)について」
1.趣旨
平成29年度に医療法が改正され、「特定機能病院の管理及び運営に関する体制の強
化に関する事項」が定められ、管理者である病院長の権限を明確化することが義務
化された。法改正にもみられるとおり、特定機能病院の大半を占める大学附属病院
のガバナンス強化が求められているところである。(厚生労働省「大学附属病院等の
ガバナンスに関する検討会」(平成28年2月〜平成28年12月))
特定機能病院かつ大学病院である当院において、医療技術職は一部の職員が診療
科や事務部門(経営課・医事課)に所属するなど、ガバナンスの面ではもちろん、
人事評価・労務管理の面でも改善が必要である。
そこで、医療技術職を統括する「診療技術部」を新たに設置し、職種ごとの組織
である「科」、専門領域ごとの「係」を設置するという組織体系とする。


詳細は学内版サイトにアップしました。
http://ncu-union2.jp/kosho-data/

学外から閲覧する場合はユーザー名とパスワードが必要です。
ご了承ください。


名市大教職員組合は契約職員の固有化への切り替え、超勤縮減(36協定順守)、看護師の離職防止などに取り組んでいます。まだ、組合に加入していない教職員のみなさまは、ぜひ組合にご加入ください。

加入申込書は下記のページでダウンロードできます。
http://ncu-union1.jp/join/

必要事項を記入し、組合書記局(川澄キャンパス 本部棟1階)宛に文書交換でお送りください。
posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 14:08| 交渉

2018年01月26日

名市大契約職員採用試験 第一次試験結果

市大ホームページに載っていました。
http://www.nagoya-cu.ac.jp/about/recruit/staff/008185.html

一次試験合格者は次の通りです。
やっぱり、司書は人気があるんですね。

●学務一般 54名中41名
●司書分野 20名中5名
●医療ソーシャルワーカー 4名中1名

最終(二次)試験合格発表は2月9日の予定です。
posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 17:24| 大学情報

名市大にも雪が降りました

2018年1月26日、昨日から降り続いた雪により名市大近辺は一面雪景色でしたね。
ここ数日の寒さと雪で、底冷えする感じでした。
といっても、瑞穂区近辺は3〜4センチ程度積もっただけでした。
名古屋市内の公共交通機関も若干の遅延程度で済みましたが、市外からの職員さんの中には大幅な遅延もあったようですね。本当にお疲れ様でした。

写真は桜山(川澄)キャンパス内の様子です。

IMG_20180126_083848.jpg   IMG_20180126_083824.jpg   IMG_20180126_083229.jpg   
タグ:
posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 11:14| つれづれ

2018年01月25日

名市大 契約職員(障害者)採用試験案内について

名市大公式サイトに契約職員(障害者)の募集が掲載されていました。
興味関心がある方はぜひご一読下さい。

おもな内容を転記します。

====

■試験日程
(1)試験日 平成30年2月18日(日)予定
(2)試験会場 名古屋市立大学 桜山(川澄)キャンパス 本部棟(名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1)
(3)集合時間 受験票の送付時にお知らせします。
(4)試験の種類・内容等
    【種 類】面接試験
    【内 容】個人面接を行います。
   ※ 面接試験は約 20 分程度を予定しています。
(5)試験の合格発表
  平成30年2月21日(水)午後3時(予定)

■合格から採用まで
(1)採用は、原則として平成30年4月1日となります。

■給与等
月額給与: 大卒 217,900円 その他 200,600円
2 年目以降 大卒 239,200円 その他 220,300円
この他に通勤手当(月額)が支給されます。
勤務時間:【大学】8時45分から17時15分
     【病院】8時30分から17時00分
休 日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始

■受付期間
平成30年1月24日(水)から平成30年2月9日(金)午後5時まで(必着)

■お問い合わせ
名古屋市立大学事務局総務課人事係
(Tel 052−853−8062)
====

詳細は必ず名古屋市立大学公式サイトでご確認ください。

http://www.nagoya-cu.ac.jp/about/recruit/staff/files/20180123/3001syougai_annai.pdf
posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 14:35| お知らせ

2018年01月23日

組合学習会「法人化後の大学の動きと組合活動について」を開催

 組合はJPタワー内の「名市大ミッドタウン名駅サテライト」で1月20日(土)、「学習会」を開催しました。学習会には川澄支部、山の畑支部、田辺支部、病院支部などから31名(昨年20名)が参加し、交流を深めました。

 学習会では「契約職員制度とその後の処遇改善(在職者選考試験および無期転換試験の実施など)」「看護師の処遇改善(初任給調整手当の引上げ、OP室看護師への夜間看護手当支給、借上げマンションと並行した7年間の家賃補助など)」について、岩本書記長が説明しました。いずれも、組合が粘り強く大学当局と交渉した結果、改善させた内容です。当日配布した資料は組合学内版サイト「各種資料」ページ(http://ncu-union2.jp/shiryo/)に掲載しています。ぜひ、ご覧ください。

 学習会後のグループ討論では5グループに分かれて、「超勤問題」「業務量の増大」「慢性的な人員不足」などについて意見交換し、情報共有を図りました。参加者からのアンケートでは「法人化からの事務組織変遷や組合によって獲得した改善事項など、あらためて振り返ることが出来ました」「普段聞くことのできない他職種、職場の話を聞くことが出来るのは貴重でした」「あまり組合に関心が無い方に、どうやって興味を持ってもらうか、課題などを話し合うことが出来ました」などの声が寄せられました。

学習会の後、マリオットアソシアホテルで夕食交流会も開催しました。日ごろの組合活動に感謝する形での夕食交流会は美味しい食事とお酒で盛り上がりました。普段なかなか接することのない他キャンパス、他職種の方々とのお話も弾んだことと思います。

 昨年までは一泊二日の合宿形式で実施していましたが、一泊二日では参加出来ないという意見が届きました。こうした意見をもとに、今年は半日だけの企画に変更したところ、昨年より多くのみなさんに参加していただきました。ありがとうございました。

IMG_0441.JPG   IMG_0373.JPG


posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 09:54| 活動

2018年01月09日

システム自然科学研究科のネットワークが不通

名市大システム自然科学研究科のファイアウォールが
故障したため、現在、システム自然科学研究科のネッ
トワークが不通となっております。


システム自然科学研究科教員あてにメールを送っても、
研究科LANを通して確認できない状況となっております。
メールでのやりとりをする場合にはご注意ください。
(外部のネットワークを使ってメールを読む
事は可能です。)


今のところ復旧の目処が立っていないため、復旧までには
数日かかる可能性があります。システム自然科学研究科教
員あてにメールを送信する方はご注意ください。


posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 16:03| お知らせ

2018年01月05日

愛知県でも、ヘルプマークの導入の見通し

愛知県でも、ようやくヘルプマークの導入の見通しが立ちました。
大村秀章知事が6日、県議会の一般質問の答弁で「ヘルプマーク」を県内で配布し、普及させていく考えを明らかにしたようです。

朝日新聞「ヘルプマーク、愛知県も導入へ」2017年12月7日11時00分
https://www.asahi.com/articles/ASKD72CLKKD7UBQU002.html

日本経済新聞「『ヘルプマーク』愛知県でも配布へ 大村知事表明 」2017/12/6 19:30
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2433226006122017CN8000/

毎日新聞「愛知でもヘルプマーク 分かりにくい障害に配慮を 県が導入方針」2017年12月7日 
https://mainichi.jp/articles/20171207/ddq/041/040/004000c

内部障害のみなさんが気兼ねなく、公共交通機関を利用するためにはヘルプマークの導入が不可欠です。
少しでも早く導入、配布されることを願うばかりです。

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 12:44| つれづれ

2017年12月28日

藤田保健衛生大学病院が労基署から是正勧告

藤田保健衛生大学病院が名古屋東労基署から医師の時間外労働について是正勧告を受けた、という記事が載っていました。

今回の事例は「医師との間に時間外労働(残業)に関する労使協定(三六協定)を結ばず緊急呼び出しを繰り返し、割増賃金も支払っていなかった」という悪質な内容です。
ここ数カ月の新聞記事を見ていると、病院の時間外労働の改善が大きく注目されていることは間違いないと思います。


●中日新聞 三六協定なく医師呼び出し 藤田保健衛生大病院、是正勧告
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017122601002101.html

●日本経済 協定結ばず医師に時間外労働 藤田保健衛生大病院に是正勧告
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25122390W7A221C1CN8000/

●毎日新聞 36協定なく医師呼び出し 労基署が是正勧告
https://mainichi.jp/articles/20171227/k00/00m/040/108000c

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 09:14| 情勢資料

2017年12月27日

2017/12/26 「第6回川澄安全衛生委員会」情報を更新しました

【議題】
1)平成29年11月の時間外勤務の状況について
2)新たに発生した公務災害について
3)平成29年度ストレスチェック集団ごとの分析結果について


詳しくは学内版サイト「安全衛生委員会」ページをご覧ください。
http://ncu-union2.jp/anzeneisei/

学外から閲覧する場合はユーザー名とパスワードが必要です。
ご了承ください。
posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 11:03| 大学情報

2017年12月26日

組合書記局「冬季休暇のお知らせ」

名市大教職員組合書記局(川澄キャンパス・本部棟1階)は12/29(金)〜1/3(水)の間、冬季休暇となります。組合員の皆さまにはご不便をおかけし申し訳ございません。

用件のある方は留守番電話(内線・川澄8026)にメッセージを残すか、メール(honbu@ncu-union1.jp)にてお知らせください。@は半角に直して送信してください。
4日(木)出勤後、ご連絡させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 10:32| お知らせ