2022年06月24日

6/23 第60回本部定期大会を開催しました

 名古屋市立大学教職員組合(やまだあつし執行委員長)は6月24日(木)、本部棟4階ホールで第60回定期大会を開催しました。定期大会には代議員として実出席37名、ZOOM参加者15名の合わせて53名が参加しました。2021年期に設立した東部医療センター支部、西部医療センター支部からも初めて代議員が参加しました。

 名古屋市職員労働組合連合会の佐藤慎一中央執行委員長、名古屋市立病院職員労働組合の松永悠嗣執行委員長、自治労名古屋市病院労働組合の牧原美雪執行委員長、愛知県医療介護福祉労働組合連合会の渡邊一執行委員長から連帯のメッセージを頂きました。ありがとうございました。

 定期大会は「3密回避」のため、例年支部の組合員数の10%を定数としていたところを新型コロナ感染症対策のため、代議員数の削減を図り、組合員数の4%としました。

IMG20220623151933.jpg  IMG20220623162501.jpg  IMG20220623162658.jpg  

IMG20220623163606.jpg  IMG20220623164109.jpg

 定期大会の内容につきましては、後日組合つうしんで詳報いたします。
 大会資料は学内版WEBサイト「大会議案集&予決算」ページにアップロードしています。ご参照ください。なお、学内版WEBサイトを学外から閲覧する場合、ユーザー名とパスワードが必要です。ご了承ください。


名市大教職員組合(やまだあつし執行委員長)は市立大学の4つのNG―@超勤の時間を把握していない、Aハラスメントを一掃する姿勢と体制がない、B年休を希望通り取得できない(看護師)、C障がい者職員の雇用枠は全て非正規―という点を憂慮し、改善に取り組んでいます。一人一人の意見が私たちの健全な職場環境の改善につながります。まだ、組合に加入していない教職員のみなさまは、ぜひ組合にご加入ください。

★加入申込書はコチラのPDF(名市大川澄キャンパス、山の畑キャンパス、田辺キャンパス、北千種キャンパス職員向け)PDF(東部医療センターおよび西部医療センター職員向け)をダウンロードしてください。

必要事項を記入し、組合書記局(川澄キャンパス 本部棟1階)宛に文書交換でお送りいただければ幸いです。

★名市大教職員組合の福利厚生活動のあらまし
●慶弔給付 本人もしくは組合役員が申請(組合役員の確認・署名が必要)
◆結婚給付…5,000円
◆死亡給付…配偶者10,000円
子(養子、継子、死産4ヶ月以上の子を含む)10,000円
親(配偶者の親、養父、養母、継父、継母含む)5,000円
◆出産給付…5,000円など

名古屋南部法律事務所新大和税理士法人、樋口社労士事務所への初回相談(30分以内)が無料です
東海労働金庫(各種ローン・つみたてNISA・iDeCoなど)相談随時
●困ったことがあったらまずは組合事務室(本部棟1階/内線:川澄8026【月〜金曜】、東部医療センター・北4階エレベーターホール前/PHS4001【金曜のみ】)をお尋ね下さい。常駐の書記局員がいつでも相談をお聞きします。


posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 16:09| お知らせ