2020年06月15日

組合事務室に新しいプリンターが入りました

組合事務室に新しいプリンターが入りました。
導入したのはエプソンのインクジェットプリンター「LX-10050MF」です。
https://www.epson.jp/products/bizprinter/smartcharge/plan/lx/lx10050mf.htm

これまではデュプロの二色刷り印刷機(DP-643TC)とゼロックスの複合機(DocuCentre-V C3376)を併用していました。
デュプロの二色刷り印刷機は8年目ということもあり、機嫌を見ながら使っている感じでした。
このまま使い続けるという選択肢もありましたが、突然壊れて使えなくなるという可能性もありました。

そして、印刷機と複合機が二台あるということはスペースも結構とってしまいます。

いろいろな要素を加味し、今回インクジェットプリンターを1台導入することで、印刷機と複合機を一本化することになりました。

一本化したことで、省スペース化出来たこともメリットの一つですが、カラー印刷のコストが10分の1以下になった点は大きなメリットです。

新しいプリンターを設置する前は手前に複合機、奥に印刷機がありました。

IMG_20200615_102522.jpg   IMG_20200616_081903.jpg

新プリンターの導入で会議の資料や「組合つうしん」だけでなく、病院支部「なかま」、看護師部会「ナースシューズ」、教育・医療技術職員部会「匠」などもフルカラー化出来ます。より一層、組合員さんに分かりやすい情報提供を心掛けて行きたいと思います。


 
posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 16:46| つれづれ