2020年04月06日

すべての看護師組合員のみなさんへ

新型コロナウイルス感染症対策
みなさんの声を聞かせてください


2020年4月6日 名古屋市立大学教職員組合
看護師部会 発行 ナースシューズ 第64号

すべての看護師組合員のみなさんへ
名市大教職員組合 看護師部会部会長 浅野茂美


新型コロナウイルス対応として、1階救急病棟が新型コロナウイルス対応閉鎖病棟として運用されていることはみなさま周知のことと思います。約一ヶ月が経過し、運用にあたって様々な問題が発生している状況です。救急病棟やICUでは事務クラーク、アメニティ、清掃などの業務を看護師が一部担っており、業務負担が増えています。さらに、感染リスクを強制的に負いながらも、何ら手当はありません。

救急病棟・ICU・病棟看護師でも、運用方針の統制がとれていない、正しい受け入れ方ができているのかどうか判断できないことがスタッフの不安と不満につながっています。

世界的に問題となっている事象であり、我々も医療者として全力で対応していますが、あまりにも労働者としては疑問が多いという声が挙がっています。

今後救急病棟に新型コロナウイルスの患者が集約され、ICUや病棟に重症患者が搬送されることで、現場が混乱することは必至です。このままでは院内感染のおそれ、スタッフの精神的・肉体的な疲労が限界に達するのは時間の問題と感じています。

現場で起こっている問題を共有するために、部署の看護師部会役員もしくは組合評議員にみなさんの声をお伝えください。お互いに健康に留意して、この難局を乗り切りましょう。


〜〜〜〜〜
名市大教職員組合(やまだあつし執行委員長)は市立大学の4つのNG―@超勤の時間を把握していない、Aハラスメントを一掃する姿勢と体制がない、B年休を希望通り取得できない(看護師)、C障がい者職員の雇用枠は全て非正規―という点を憂慮し、改善に取り組んでいます。一人一人の意見が私たちの健全な職場環境の改善につながります。まだ、組合に加入していない教職員のみなさまは、ぜひ組合にご加入ください。

★加入申込書はコチラのPDFをダウンロードしてください。

必要事項を記入し、組合書記局(川澄キャンパス 本部棟1階)宛に文書交換でお送りいただければ幸いです。

名市大教職員組合の福利厚生活動のあらまし
●慶弔給付 本人もしくは組合役員が申請(組合役員の確認・署名が必要)
◆結婚給付…5,000円
◆死亡給付…配偶者10,000円
子(養子、継子、死産4ヶ月以上の子を含む)10,000円
親(配偶者の親、養父、養母、継父、継母含む)5,000円
◆出産給付…5,000円など

●自治労連共済(生命・医療・交通災害・火災)加入可(相談随時)
●顧問弁護士、税理士(初回相談無料)
●東海労働金庫(各種ローン・NISA・iDeCoなど)相談随時

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 08:52| 支部・部会