2019年11月08日

名市大人間文化研究所シンポジウムのお知らせ「ジェンダー平等と日本社会の未来-労働・ネオリベラリズム・文化」

名市大教職員組合組合員の皆様へ

名市大人間文化研究所からの案内を情報提供いたします。

〜〜〜〜
竹信三恵子さんと樫村愛子さんをお招きして、ジェンダー平等と労働等についてお話ししていただきます。

竹信先生は元朝日新聞記者で労働問題等で著名なジャーナリストです。
樫村先生は愛知大学教員で、現代思想や論座等でご発言されている研究者です。
お二人とも労働問題について新著を出されましたので
その視点から最新のお話をしていただけるものと思います。

●12月14日(土) 14時から16時半予定

会場: 名古屋市立大学桜山キャンパス 医学部研究棟 11階 講義室A
 地下鉄桜通線「桜山」駅 3番出口より徒歩3分

テーマ:ジェンダー平等と日本社会の未来 –--労働・ネオリベラリズム・文化---


講師: 竹信三恵子さん(元朝日新聞記者、和光大学名誉教授)
    樫村愛子さん(愛知大学)

〈当日プログラム〉
14:00〜 開始・あいさつ
14:10〜15:00 竹信さんお話
「企業ファースト化する日本〜<働き方改革>は何を連れてくるのか」
15:00〜15:10 休憩
15:10〜15:40 樫村さんコメント
15:40〜 質疑応答

参加費無料 予約不要
主催:名古屋市立大学人間文化研究所
〜〜〜〜

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 10:56| 活動