2018年06月18日

病院支部定期大会に68名参加しました

病院支部(樋口真支部長)定期大会が6/15(金)15:00〜病棟4階第一会議室で開催され、68名が参加しました。

大会では「2017年度 活動報告」が発表されたのち、報告および議案の提案がありました。

=== 2017年度 活動報告 ====
 2017年度予算については、病院長交渉において「労働条件等改善のための要求書」を手渡しし内容の説明を行い、現状についても参加した看護師からも直接訴えを行いました。
 組合からは、働きがいのある職場を作るために要求内容を交えて意見交換を行いました。

 また、人員について看護師・コメディカルなどからの意見を聞き、その中で事務折衝を持ちながら対応してきました。
 
 労働環境については予算や人員にも関連するため、本部事項でもあり提案に対しては評議員会・該当職場会議などでの意見や問題点を話し合ってもらい執行委員会で検討協議をしてこの対応を進めてきました。

 恒例行事として進めてきた「コーヒーブレイク」は月1回で11回開催してきました。参加者は9月の250名から多いときで4月の407名、あとは300名前後でした。
 この中で組合への新規加入も時々あり組合員を増やしてきています。
 開催中は労金ブースを設けて預貯金・教育ローン・マイカーローンなどの説明相談会を併設してきました。

 看護師は病院支部の組合員の中で大多数を占めており、看護師部会とは職場環境においての勤務状況・人員などの意見や問題点を話し合いながら進めてきました。

 病院支部は、愛知県医労連(愛知県医療介護福祉労働組合連合会)に加盟しています。
 医労連は、愛知県内の各分野で働く機関・個人の労働者などで組織されています。
「医療研究全国集会」・「医科系大学労組交流会」・「医科系大学労組交流集会」・「医科系大学労組春闘対策会議」・「看護要求実現全国交流会」と全国の大学との交流により情報の交換・共有をするために参加してきました。

 その他の全国の医科系大学の「医科系公立大学労組懇談会」、病院を持つ市立の医科系大学の「市立医科系大学労組懇談会」に参加して各大学の最新の情報の交流により、同じ市立病院を持つ立場で情報の交換をしてきました。

 組織活動においては、四役会議を「毎週水曜日」に、執行委員会は「月1回第1木曜日」に開催してそのときに出た問題や今後の取り組み・検討事項について対応してきました。

 評議員会は、各職場の代表が参加し活動内容や取り組んでいる事項について協議して確認承認を行う場で、執行部からの報告などについて対応してきました。

 恒例の交流会として今回は「スイーツ交流会」をヒルトンホテルにおいて看護師、放射線技師、臨床検査技師、教員、事務職という職種の参加で43名で行いました。
 その中では様々な職種の意見・問題点について話し合い有意義な会となりました。

========

すべての議案は無事承認され、2018年度体制でスタートすることが出来ました。
第一回の執行委員会は7/5(木)18時から、病棟4階第一会議室が開催されます。
役員のみなさんは出来る限りご参加いただきますようよろしくお願いいたします。

病院支部大会後、引き続き、看護師部会総会が開催されました。
こちらも、すべての議案が無事承認され、新体制でスタートします。

IMG_0746.JPG   IMG_0750.JPG


名市大教職員組合は契約職員の固有化への切り替え、超勤縮減(36協定順守)、看護師の離職防止などに取り組んでいます。まだ、組合に加入していない教職員のみなさまは、ぜひ組合にご加入ください。

加入申込書は下記のページでダウンロードできます。
http://ncu-union1.jp/join/

必要事項を記入し、組合書記局(川澄キャンパス 本部棟1階)宛に文書交換でお送りいただければ幸いです。

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 11:45| 支部・部会