2018年04月05日

新入組合員向け個別相談会のお知らせ

 「余ったお金を貯金する」ではなかなか貯蓄はできません。給料天引きで「あらかじめ貯金する」スタイルにすることが貯蓄のコツです。教職員組合は東海ろうきん(労働者のための福祉金融機関)と提携して組合員の貯蓄をサポートしています。

【賢実貯金】
● 月々の積立金額は自由。夏冬のボーナス時の金額設定も自由 (1,000円単位)。
● いつからでも始められ、いつまででも続けられます。
● 引き出すときは、スマホ、パソコンで簡単な手続きが必要です(貯蓄のための制度なのでちょっとだけ引き出しにくくしてあります)。

【iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金】
● 新卒採用の場合(年収300万円と仮定)、初年度の所得税は年額約7万5千円。2年目からは更に住民税(県民税と市民税)が年額15万円程度かかります。
    ↓  ↓  ↓  ↓
iDeCoを5月から月々12,000円拠出(※)すると、初年度に4,800円の所得税還付を受けられます。2年目には約10,000円の住民税が軽減されます。
※正規職員の上限額です。契約職員、パートタイム職員の上限額は月23,000円
● 拠出金は投資信託などの運用が可能(元金が保障されるタイプもあります)。
● 受け取りは原則として60歳になるまでできません。

そこで、新入組合員向け個別相談会を開きます。

賢実貯金、iDeCoについて、質問にお答えし、その場で加入手続きが行える個別相談会を開催します。
事前に組合事務室に(文書交換等で)いただければ幸いです。できるだけ事前に届けて下さると助かりますが、当日の飛び入りも歓迎します。

「賢実貯金」、「iDeCo(イデコ)」、いずれの申し込みにも @ 届出印、A 運転免許証などの写真入りの身分証明書が必要です。

◎ すべての新入組合員 対象
 4/17(火) 17:00から19:00まで対応
 場所:本部棟2階第1会議室

◎ 病院の新入組合員 対象
 4/20(金) 17:15から19:00まで対応
 場所:中央診療棟4階第1会議室(病院支部主催「コーヒーブレイク」の会場です)


●お問合せ先 名市大教職員組合書記局
メール;honbu@ncu-union1.jp、電話;052-853-8026(内線:川澄8026)


名市大教職員組合は契約職員の固有化への切り替え、超勤縮減(36協定順守)、看護師の離職防止などに取り組んでいます。まだ、組合に加入していない教職員のみなさまは、ぜひ組合にご加入ください。

加入申込書は下記のページでダウンロードできます。
http://ncu-union1.jp/join/

必要事項を記入し、組合書記局(川澄キャンパス 本部棟1階)宛に文書交換でお送りいただければ幸いです。


posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 17:47| お知らせ