2017年12月21日

教育・医療技術職員部会の会報「匠」のデータを更新しました

2017.11.16 No.13「医療技術系パート職員の時給も引き上げを!/職場紹介『中央臨床検査部』」

医療技術系パート職員の時給も引き上げを
市中病院の平均は1,556〜1,733円(臨床検査技師等)


今年度の賃金諸制度要求では、正規職員や契約職員の賃上げと併せ、医療技術系パート職員の時給引き上げも追及しています。市大病院でも正規職員の人手不足を補うため、多くのパート職員を必要としていますが、市中の病院より時給が低いため採用が困難な職場も発生しています。
市立大学の医療技術系パートの時給は、臨床検査技師等で1,200円、臨床工学技士では1,075円、歯科・・・

2017.12.21 No.14「病院医療技術職の組織統合提案される/職場紹介『薬剤部』」
病院医療技術職の組織統合提案される

組合は12月7日に事務折衝を行い、来年度の組織定員計画に就いての大学の考え方を聞き出しました。この中で来年度の組織改正として、病院の医療技術職を統括する「診療技術職」を新たに設置するという計画が説明されました。

人事評価・労務管理の改善必要
大学によれば、「現在、医療技術職の組織は原則、職種ごとに分かれており、同職種であっても別の部署に所属していたり、経営課・医事課といった事務部門に所属していたりするなど、現在は、ガバナンスが発揮されにくい・・・


詳細は、支部・部会情報「教育・医療技術職員部会」ページにアップしています。
http://ncu-union2.jp/shibu-bukai/iryogijyutsu/

ぜひ、ご覧ください。
なお、学外から閲覧する場合はユーザー名とパスワードが必要です。

どうぞよろしくお願いいたします

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 13:39| 支部・部会