2017年12月18日

平成29年度 契約職員採用試験募集〈平成30年1月9日(火曜日)午後5時締切〉について

公立大学法人名古屋市立大学 契約職員採用試験案内です。
公式ホームページから一部を引用します。
詳細は必ず公式ホームページにてご確認ください。

http://www.nagoya-cu.ac.jp/about/recruit/staff/010496.html

=====
●試験区分・採用予定人員
A.学務一般 25 名程度
B.司書 若干名
D.医療ソーシャルワーカー 1 名


●第 1 次試験
(1)平成30年1月21日(日)
(2)試験の種類・内容等
  経歴評定:受験申込書(資格、志望動機)及び職務経歴書を参考に評価します。
  適性検査:事務職員としての適応性を、正確さ、迅速さ等の作業能力の面から評価します。
  面接試験:個人面接を行います。(国際交流分野希望者のみ英会話能力なども試問します。)

●合格から採用まで
(1)採用は、原則として平成 30 年 4 月 1 日となります。

●雇用期間
雇用期間は、採用日から採用後の最初の 3 月 31 日までとします。なお、6 ヶ月間の試用期間があ
ります。

●給与等
月額給与: 大卒 217,900円 その他 200,600円
2年目以降 大卒 239,200円 その他 220,300円
この他に通勤手当(月額)が支給されます。


休 日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
休 暇:年次有給休暇 20日
社会保険:全国健康保険協会管掌健康保険、厚生年金、雇用保険、労災に加入します。
勤務場所:@名古屋市立大学 各キャンパス A名古屋市立大学病院【いずれも名古屋市内】
====

学務一般に関しては昨年度の15名から25名程度と大幅に増員しています。
業務量が大幅に増えているということだけでなく、残念ながら離職者も多く、採用枠の拡大につながっています。

他大学の契約職員(非正規職員)と比較し、名市大の待遇(給料、通勤手当上限55,000円、初年度から有給休暇年間20日付与、超過勤務手当有など)はかなり良いです。
ただし、正規職員のサポートという位置づけではなく、相応の業務量があります。
このような状況が受験者に上手く伝わらず、勤務後にイメージと違う、ということが少なくないようです。

こうした事情を踏まえたうえで、受験してくれる方が増えることを望むばかりです。

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 11:38| お知らせ