2016年09月02日

組合つうしん No.4「9/2 名古屋市人事委員会が給与勧告」発行

名古屋市人事委員会が9月2日、議長及び市長に対し、職員の給与に関し下記のとおり報告するとともに勧告しました。

詳細は次のホームページでご覧いただけます。
http://www.city.nagoya.jp/jinji/page/0000085959.html

ぜひ、ご参照ください。

以下は、「組合つうしん」の一部です。

====

○勧告のポイント
1 月例給
(1) 給与格差 △692円(△0.18%)
(2) 給与改定 給料表の引下げ
2 ボーナス
年間支給割合を0.165月分引上げ、勤勉手当に配分
3 扶養手当制度の見直し
国家公務員の扶養手当制度の見直しに準じ、配偶者に係る手当額を引き下げるとともに、子に係る手当額を引上げ

名古屋市人事委員会は9月2日(金)河村市長と加藤市議会議長に対し、職員給与を改定するよう勧告を行いました。

国家公務員については既に月例給、ボーナスとも3年連続の引き上げ勧告が出されており、名古屋市の勧告も注目されていました。今回の勧告では、ボーナスについては昨年、勧告内容に反し値切られた 0.065月の回復も含め、国と同様の年間4.3月にするよう求めています。

一方で、月例給については、市職員の方が 0.18 % 高いという結果であったし引下げを求めています。ただしこれは現在実際に使用している「経過措置給料表」との比較であり、経過措置がないものとした場合は、1,281 円(0.33 %)公務員給与のほうが下回っているという調査結果も出されました。・・・

====

詳細はコチラ(学内限定版)をご覧ください。

ご意見・ご感想がございましたら、組合書記局(内線・川澄8026)までご連絡ください。

より良い組合つうしんにするために、皆さまからのお声をお待ちしています。
posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 19:33| 組合つうしん