2019年11月29日

本日のランチはサクラサイドテラスで頂きました

本日のランチは久しぶりに、名市大病院の敷地内にあるイタリアンレストラン「サクラサイドテラス」さんで頂きました。
いつも混んでいたので遠慮していたんですが、昼当番だったので久しぶりに行ってみました。

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230108/23036961/

日替わりランチのメニューは

・飛騨牛のコロッケ
・ミートスパゲティ
・キッシュ
・トマトのジェノベーゼソース添え
・お芋の素揚げ(だと思います)
・サラダ
・スープ
・ライスorパン

でした。

やっぱり、いつ食べても美味しいです。

IMG_20191129_132131.jpg   IMG_20191129_132152.jpg

サクラサイドテラスは地下鉄桜通線桜山駅(市立大学病院)下車3番出口すぐのところにあります。
名市大病院の敷地内にありますが、どなたでも利用できますよ。
名市大病院の敷地内は全面禁煙なので、タバコが苦手な方にはおススメです。

サクラサイドテラスさんで、ちょっと良い話を聞きました。
飲食店業界はどこも人材確保で苦労しています。
そのような状況の中、サクラサイドテラスさんでは長年勤めている方が多いとのこと。
長年勤めている理由の一つに、勤めている方の誕生月に家族を招待しているということがありそうです。
オーナーが、従業員の家族に職場を知ってもらうことで従業員が気持ちよく働けるように、という理由から家族の招待を始めたとのこと。
従業員だけではなく、家族も含め、大切にするという気持ちは、とても素晴らしいですね。

ちなみに、同じく名市大病院の敷地内にある「はにかむ食堂」さんは「サクラサイドテラス」の姉妹店だそうです。
https://www.instagram.com/honeycombdiningroom/?hl=ja

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 15:32| つれづれ

2019年11月27日

看護師部会バスツアーのお知らせ♪

 毎年恒例の看護師部会バスツアーのお知らせです。
 第1弾は2月29日(土)「いちご狩り&お肉ランチ&彦根城」、第2弾は3月14日(土)「ホテルでランチバイキング&妻籠宿散策」です。お楽しみに。なお、3月14日はいちご狩り無しのツアーです。特にツアー未体験の方、今年はぜひ参加してください!申込みなどの詳細は後日ご案内いたします。

○2/29(土)関ケ原&彦根プラン いちご狩り有り 
・昼食は前回ご好評頂いた、関ヶ原「花伊吹」にて、牛肉尽くしの食べ放題をご堪能頂きます。
まさみ農園では章姫や紅ほっぺ等の品種を広くて綺麗な敷地でご賞味頂けます。
彦根城(入城料は別途)や夢京橋キャッスルロードではご散策をお楽しみ頂けます。
夢京橋キャッスルロードには、近江牛グルメや、女性に人気のクラブハリエやたねや等もあり、食べ歩きやお買物をお楽しみ頂けます。

○3/14(土)南信州&恵那プラン いちご狩り無し 
ホテル木曽路ではホテルの美味しいランチバイキング60種をお楽しみ頂けます。
妻籠宿は国の重要伝統的建造物保存地区にも選定されており、趣深い街並みでご散策をお楽しみ頂けます。
恵那川上屋恵那峡店では、インスタグラムでも人気のカフェが併設されており、栗やその他のスイーツをお求め頂けます。
恵那銀の森では、お買物や自然の中でご散策もして頂けます。
※ツアーの内容は一部変更する場合があります。ご了承ください。

昨年度のバスツアーの様子です。

IMG_5173.JPG  IMG_5190.JPG  IMG_1321.JPG

まわりにまだ組合に加入届を出していない方はいらっしゃいませんか? 私たちの力で働きやすい病院にするために一人でも多く組合員を増やしましょう

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 14:41| 支部・部会

2019年11月22日

組合つうしん No.20「理事長選/教職員組合が公開質問状/大学運営の透明性確保、労働条件改善策など10項目」発行

名古屋市立大学教職員組合(やまだあつし執行委員長)は組合つうしん No.20「理事長選/教職員組合が公開質問状/大学運営の透明性確保、労働条件改善策など10項目」を発行しました。

主な内容は次のとおりです。

======

教職員の大きな関心を集めている理事長選に関し、教職員組合は、11 月15 日に2 人の候補適任者へ公開質問状を届けました。すでに両候補からは期日の26 日までに回答する旨、連絡を受けています。
大学運営の透明性確保と説明責任の遂行、年休取得など教職員の労働条件改善策、男女共同参画やハラスメント対策などダイバーシティの課題、労働組合への姿勢など、組合が重要と考える問題を10 項目にまとめました。両候補からどのような回答が寄せられたか、「組合つうしん」紙上でお伝えします。

公開質問状の全項目
1 大学の意思決定のあり方について
(1) ガバナンスにおける透明性の確保や説明責任は、文科省からも一般論ながら指摘されているところですが、本学での現状と対応については、どのようにお考えですか。
(2) 政府や文科省の最近の大学政策について、注目しているものは何ですか。また、それについてどうお考えですか。
2 教職員の教育・研究・医療および労働条件の改善について
(1) 職員の意欲向上のために、最も重視すべき施策は何だとお考えですか。
(2) 国策とも言うべき「働き方改革」について、どうお考えですか。
(3) 年休の5日取得が義務化されましたが、看護部は法令遵守が難しい状況です。遵守への対策と決意を述べてください。
(4) 医療従事者の労働条件改善策、特に看護師定着率の向上策についてどのようにお考えですか。
(5) 男女共同参画、障がい者の就労支援、ハラスメント対策の現状と課題について、それぞれどうお考えで・・・

<お詫びと訂正>
11/21発行の「組合つうしん」NO.19において、ボーナス引き上げ分を「0.5月」と伝えてしまいました。正しくは「0.05月」です。お詫びして訂正いたします。

====

記事の詳細は下記をご覧ください。

20191122_20公開質問状 (更新)-1.jpg

ご意見・ご感想がございましたら、組合書記局(内線・川澄8026)までご連絡ください。

名市大教職員組合は市立大学の4つのNG―@超勤の時間を把握していない、Aハラスメントを一掃する姿勢と体制がない、B年休を希望通り取得できない(看護師)、C障がい者職員の雇用枠は全て非正規―という点を憂慮し、改善に取り組んでいます。一人一人の意見が私たちの健全な職場環境の改善につながります。まだ、組合に加入していない教職員のみなさまは、ぜひ組合にご加入ください。

★加入申込書はコチラのPDFをダウンロードしてください。

必要事項を記入し、組合書記局(川澄キャンパス 本部棟1階)宛に文書交換でお送りいただければ幸いです。

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 14:35| 組合つうしん

2019年11月20日

2019年11月の「コーヒーブレイク」のご案内です

本部主催のコーヒーブレイクのご案内です。
11月開催に限り、全支部・部会の組合員が参加できます。

と き:11月26日(火)17時15分〜19時15分頃まで
ところ:中央診療棟4F第1会議室


 コーヒーブレイク開催の目的は、職場・職域を超えた組合員の交流、情報交換の場として設けることや組合活動への理解をしていただくことです。
 そして、組合員が仕事のあとに一息入れられる場としていくことです。

東海ろうきん”のブースを設けますので、賢実貯金・iDeCo・つみたてNISA・子ども用積立預金「おやごころ」・各種ローンなどについての相談ができます。

 組合役員が控えております。何か聞きたいことやちょっと言ってみたいことなどありましたらお伺いします。お気軽にどうぞ。

 ミスタードーナツとスターバックスのコーヒーが同時に楽しめる♪♪♪のはコーヒーブレイクだけですよ。

 次回のコーヒーブレイクは、12月24日(火)17時15分〜です。12月のコーヒーブレイクは大抽選会と同時開催です。抽選会ではスターバックスのギフトカードなどが当たります。お楽しみに。

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 14:22| 活動

2019年11月19日

組合慶弔金(出産)給付のご案内

名市大教職員組合(やまだあつし執行委員長)では組合慶弔金給付規程を大幅に改正しました。

多くの組合員の皆様が給付事例の対象となるよう、新しく出産給付(5,000円)を設けました
2019年4月1日以降の事例が対象です。

対象:組合員本人及び配偶者が出産

ちなみに、双子の場合は5,000円×2人と計算します。

下記のページからPDFをダウンロードしていただき、組合事務室宛にお送りください。文書交換で構いません。
https://ncu-union1.jp/benefit1/benefit2/

それ以外の給付事例については、下記のブログをご参照ください。
http://blog.ncu-union2.jp/article/185710167.html

名市大教職員組合は市立大学の4つのNG―@超勤の時間を把握していない、Aハラスメントを一掃する姿勢と体制がない、B年休を希望通り取得できない(看護師)、C障がい者職員の雇用枠は全て非正規―という点を憂慮し、改善に取り組んでいます。一人一人の意見が私たちの健全な職場環境の改善につながります。まだ、組合に加入していない教職員のみなさまは、ぜひ組合にご加入ください。

★加入申込書はコチラのPDFをダウンロードしてください。

必要事項を記入し、組合書記局(川澄キャンパス 本部棟1階)宛に文書交換でお送りいただければ幸いです。

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 10:12| お知らせ

2019年11月13日

名市大 第9回地域づくりセミナー「女たちのサードプレイス」

私の学生時代の後輩、と言っても被っていません、が第9回地域づくりセミナー「女たちのサードプレイス」を企画しています。

サードプレイスは、「家」でも「職場」でもない第三の場所である。女性たちはサードプレイスにおいて多様な形でネットワークを広げ、「自分自身として」生きる糧を得て人生の歩みをすすめる。サードプレイスの存在は、男性中心の現代社会に対するアンチテーゼでもあるのだ。(チラシより抜粋)

日時:2019年12月1日(日)
セミナー:14時〜17時半(受付開始13時半)
懇親会:17時半〜19時
場所:秋葉神社(瑞穂区瑞穂通1-35、名市大桜山キャンパス南)


興味関心のある方はぜひご参加ください。

お申込み・お問合せ:名市大大学院人間文化研究科地域と共生コース region[アットマーク]hum.nagoya-cu.ac.jp

https://www.nagoya-cu.ac.jp/human/news/016500.html

ちなみに、チラシのデザインも後輩が担当しているとのこと。
頑張っていることを見聞きすると、感無量ですね。

received_468112130498164.jpeg


posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 10:27| お知らせ

2019年11月08日

名市大人間文化研究所シンポジウムのお知らせ「ジェンダー平等と日本社会の未来-労働・ネオリベラリズム・文化」

名市大教職員組合組合員の皆様へ

名市大人間文化研究所からの案内を情報提供いたします。

〜〜〜〜
竹信三恵子さんと樫村愛子さんをお招きして、ジェンダー平等と労働等についてお話ししていただきます。

竹信先生は元朝日新聞記者で労働問題等で著名なジャーナリストです。
樫村先生は愛知大学教員で、現代思想や論座等でご発言されている研究者です。
お二人とも労働問題について新著を出されましたので
その視点から最新のお話をしていただけるものと思います。

●12月14日(土) 14時から16時半予定

会場: 名古屋市立大学桜山キャンパス 医学部研究棟 11階 講義室A
 地下鉄桜通線「桜山」駅 3番出口より徒歩3分

テーマ:ジェンダー平等と日本社会の未来 –--労働・ネオリベラリズム・文化---


講師: 竹信三恵子さん(元朝日新聞記者、和光大学名誉教授)
    樫村愛子さん(愛知大学)

〈当日プログラム〉
14:00〜 開始・あいさつ
14:10〜15:00 竹信さんお話
「企業ファースト化する日本〜<働き方改革>は何を連れてくるのか」
15:00〜15:10 休憩
15:10〜15:40 樫村さんコメント
15:40〜 質疑応答

参加費無料 予約不要
主催:名古屋市立大学人間文化研究所
〜〜〜〜

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 10:56| 活動

2019年11月07日

組合つうしん No.17「10/31 理事長選・公開演説会」発行

名古屋市立大学教職員組合(やまだあつし執行委員長)は組合つうしん No.17「10/31 理事長選・公開演説会」を発行しました。

主な内容は次のとおりです。

======
争点・両候補の主張の違いが鮮明に

10/31、理事長選の公開立会演説会が開かれました。病院大ホールには約200人の聴衆が集まり、関心の高さが伺えました。所信演説、質疑応答とも、両候補の主張のコントラストが鮮明になりました。

●所信演説
 両候補適任者が各30分ずつ所信が述べられました(詳細は公示第3号に公表された所信参照のこと。イントラで参照可能)。主に次の内容が強調されました。

◎ 山本明代候補;
 東欧研究者として、社会は変わるし変えられると伝えたい。医療系学部と非医療系学部とのアンバランスを正して総合大学として発展する方向を目指す。新規事業及び現在進行中の事業を見直し、教職員の業務量をまず見極めてスクラップアンドビルドを行う。
 トップダウンのガバナンスではなくフラットな議論に基づいて透明性の高い民主的な大学運営を行う。そのために理事長選考のの意向投票権を拡大すること、人事の透明性を取り戻すこと、女性の積極的登用を行い複数の女性理事を登用することを実現したい。

◎ 郡健二郎候補;
 6年間で名市大は大学ランキング等で高い評価を得ることができ、公立大学ではトップクラスの大学に躍進した。さらに次の2年で飛躍させたい。
 ダーウィンの「強い者、賢い者が生き延びるのではない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である」の言葉のとおり、環境変化に対応していくことが重要。理事長に就任した当初52のプランを掲げたが、その後80プランになり現在は94のプランに取り組んでいる。名古屋市とのパイプを太くし、東部医療センター、西部医療センターの大学病院化で市民になくてはならない大学にしていく。そのために自分が培ってきた人脈を生かす。

●質疑応答

会場からの質問(50通寄せられたそうです)を選考会議委員が5問選別し各候補に見解を質しました。奇数番目の質問は先に山本候補が、偶数番目の質問は先に郡候補が回答しました。

<1問目:年々教職員の仕事が増えているが、働き方改革の進め方は?>
山本候補;業務量の見極めをして事業のスクラップアンドビルドを図る。
郡候補;拡大主義的な考えを持っている。スクラップするのではなく、実現するために外部資金を獲得する。新事業の拡大はまだまだ足りない。

<2問目:東西の医療センターの附属病院化のメリット・デメリット>
郡候補;大学病院化で名古屋市全体が繁栄する。市民にとっては3つの病院に優秀な医者がいるというメリット。経営面では、両センターの負債は4億になっていくが、大学病院化することで医療単価が引き上がるというメリットも。
山本候補;病院の大規模化によってコストの削減が可能。脳神経科学研究所の最先端技術を各病院で生かすこともできる。医療人の教育のためにも名市大にとってはチャンスだと考える。

<3問目:リカレント学部設置の意義について>
山本候補;リカレント教育は市大の発展にとって重要。しかし、現在の計画は一部の教員だけで進められていてプロセスに問題がある。各部局の利点を生かして計画していくこと、ニーズを集めることが大切。
郡候補;リカレントは社会の流れ。30代、40代の働く世代にとっても重要になってきている。「学部」として新設することで名市大の先見性が輝く。

<4問目:教員人事検討委員会の課題と今後の改革の考え方>
郡候補;山本候補から「人事の不透明さ」と批判されて「それはないだろう」と感じた。2015年に文科省が国立大学法人法を改正(筆者注;教授会から人事権を剥奪し学長に移行)したときには公立大学は適用外だと聞かされたが、2016年以降は公立大学も同様にすべきとの指導が来た。教授会を通さずに教員人事を決めることはあるまじきことだと意思表示したが文科省からはまかりならないと強力な指導を受けた。山本候補は研究科の意向が覆されたというがありえないことだ。この間、250件の人事案件を検討したが、どうしても不適正だと考えて差し戻したのは2件のみ。
山本候補;どの研究科でも、その学部の目標と計画の中でどういう教員スタッフを採用するかはとても重要な課題であり、膨大な時間をかけて検討している。まさに教員人事は学部の命綱だ。しかし、医療系学部の業績評価と、3年以上時間をかけて1つの論文を発表するような文系の業績評価では背景も実態も全く異なることが理解されていない。その点をぜひ改革したい。

<5問目:理事会の構成についてどう考えているか?>
山本候補;複数の女性理事を登用する。現在理事を出していない研究家からも登用する。
郡候補;女性の理事がいないとの指摘を受けたが、人事はセンシティブにやってきた。現在の理事には文系教員を2名加わっているし、事務(筆者注;局長のことか)も文系だ。人事は、(女性の登用というより)事業の継続性発展性を重視してきた。

====

記事の詳細はコチラ(学内限定版)をご覧ください。

ご意見・ご感想がございましたら、組合書記局(内線・川澄8026)までご連絡ください。

名市大教職員組合は市立大学の4つのNG―@超勤の時間を把握していない、Aハラスメントを一掃する姿勢と体制がない、B年休を希望通り取得できない(看護師)、C障がい者職員の雇用枠は全て非正規―という点を憂慮し、改善に取り組んでいます。一人一人の意見が私たちの健全な職場環境の改善につながります。まだ、組合に加入していない教職員のみなさまは、ぜひ組合にご加入ください。

★加入申込書はコチラのPDFをダウンロードしてください。

必要事項を記入し、組合書記局(川澄キャンパス 本部棟1階)宛に文書交換でお送りいただければ幸いです。


posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 15:41| 組合つうしん

2019年11月06日

自治労連共済2018年度契約の還元金お支払いについて

名市大教職員組合 自治労連共済加入者のみなさまへ

平素は自治労連共済にご加入いただき、ありがとうございます。
自治労連共済は掛金総額の70%を支払共済金に充て、剰余が出れば加入者に還元しています。今期も剰余があったため、加入者の皆様に還元いたします。還元金支払いの準備が整いました。今回の還元金の対象期間は2018年6月1日〜2019年5月31日です。組合書記局に電話(内線・川澄8026)連絡の後、印鑑持参の上、組合事務室(川澄キャンパス 本部棟1階)へお越しください。12月末までに受領してください。その後は、一定期間の後、組合会計に戻入します。

今回の還元金の一例です。いずれも40歳以下のパターンです。
医療重視型の33型(1,820円/月)に加入している方の還元金は4,430円(還元率20.3%)です。バランス重視型の21型(1,430円/月)に加入している方の還元金は4,210円(還元率24.5%)です。

自治労連共済は自主共済のため、所得税等の控除対象にはなりません。控除証明書は発行出来ませんのでご了承ください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 15:48| お知らせ