2019年07月12日

第15回労働安全衛生学習交流会のご案内@愛知県医労連


愛知県医療介護福祉労働組合連合会
執行委員長 渡邉一

いのち守る愛知キャラバンスタート
成立した「ハラスメント規制法」を学び、職場に活かそう


職場のハラスメント対策強化を柱とした「女性活躍・ハラスメント規制法」が5
月29日の参議院本会議で可決・成立しました。パワハラやセクハラ、妊娠出産を
巡るマタニティーハラスメントは「行ってはならない」と明記。パワハラの要件を
設け、事業主に相談体制の整備など防止対策を取るよう初めて法律で義務付けられ
ました。罰則を伴う禁止規定はないため、実効性を確保するためには、労働組合の
取組みがこれから重要になってきます。

医療や介護現場で働く労働者は、一般労働者に比べてもストレス度が高く、加え
て慢性的な人手不足のもと、メンタル不全に陥るケースが多くみられます。また、
セクハラ・パワハラで悩む労働者が多く、労使でハラスメントのない職場つくりが
求められています。今回の集会には、女性の労働問題やハラスメントに詳しい、田
巻紘子弁護士をお呼びし、成立したハラスメント規制法を学び、ハラスメントの無
い職場を目指すための講演を頂くことになりました。

組合役員にとどまらず、広く仲間に参加を呼びかけてください。なお、この交流
集会は、日本医労連が呼び掛ける「いのち守るキャラバン」のスタート行動に位置
づけており、集会後、金山駅前で署名行動・タ食交流会を予定します。
積極的な参加をお願いします。



とき  2019年8月31日(土)午後1時30分〜午後5時(受付1時〜)
ところ 金山労働会館本館・2階会議室

出席 労働安全衛生委員、組合役員、その他興味のある方
内容 (1)記念講演「ハラスメント規制法を学び職場に活かそう」
     講師:田巻紘子氏(弁護土・マタハラ弁護団東海)

   (2)愛知県医労連からの問題提起
   (3)職場の活動交流
参加費 無料
申込み 別紙チラシに記入の上、愛知県医労連にFAXをお願いします。

担当は愛知県医労連の林書記長です
連絡先 愛知県医労連 名古屋市熱田区沢下町9-3労働会館本館4F
でんわ (052)883-6955 FAX(052)883-6956
E-mail irouren@roren.net
WEB http://www.aichi-irouren.jp

講師の田巻紘子弁護士は名市大教職員組合の顧問先である「名古屋南部法律事務所」に所属しています。

医労連ハラスメント講座.jpg

申込書はコチラをダウンロードしてください。
posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 10:14| お知らせ