2017年03月24日

来る名古屋市長選挙で河村市政にノーの審判を

2017年3月24日 名市大教職員組合執行委員会


 名古屋市長選挙は4月9日告示、4月23日投票で闘われます。この選挙は私たち市立大学教職員にも大きな影響がある選挙のため、改めて今回の選挙はどういう意味があるか、どのような態度を取るかを考えたいと思います。

 現市長は、住民税減税、地域委員会創設、議員報酬半減など目立つ政策をかかげ、選挙の売りとしてきましたが、これらの政策で市民の暮らしが豊かになり、名古屋市政が発展したでしょうか。住民税減税では(宣伝がしやすい)定率に固執し、結果として大半の減税分を大企業と高所得者に分配しただけに終わっています。議員報酬削減では、報酬自体の議論は大いにすれば良いのですが、実際には「特権階級」というレッテル貼りと選挙での悪役として活用されただけに終わっています。

 最近でも興味の無い行政上の施策は市の担当部局に丸投げし、名古屋城天守閣の木造再建など、目立つ施策ばかりを追っている始末です。

 公務員・公的労働者にとってどうだったでしょうか。2009年に市長就任して以降しばらくは、人勧マイナス〜ゼロ勧告であり、市長として何のコメントすらありませんでした。しかし、賃上げ勧告が出されるようになると、公務員の給料は高すぎるという持論の下、賃上げを拒否・妨害してきました。この拒否・妨害は、「人事委員会勧告」制度など労働基本権剥奪の代償的措置であるにもかかわらず、これを拒否・妨害すること自体、自治体の首長としての資質を疑うものです。更に悪いことに議会攻撃同様で、賃金水準そのものよりも、公務員・公的労働者を市民と分断させこれを政争の道具とされています。

 本来市政運営は、多様な意見を汲み入れ、摺り合わせ、着地点を見つけるという、地道な作業が必要です。しかし現市長はこれを無視し、庶民革命という巧みな言葉遣いにより、自分の主張の支持者を増やす一方、反対意見を言うものは庶民革命の「妨害者」として排除し、少数意見・反対意見には耳を貸そうとはしません。このような中で、市政運営を正常化し、公務員・公的労働者そして名古屋市民がより報われるためのより良い選択肢は、現市長の続投をさせないことしかありません。

 組合としては「当選させてはいけない」候補者は河村市長であることを確認したいと思います。

 一方、3年間副市長をしてきた岩城氏は、これまでの現市政の問題点を鋭く指摘しています。岩城氏のウェブサイトでは「河村市長が、自分の方針にあわないものはすべて却下する姿勢であるのに対して、私は現場において職員と協議を重ね、職員が提案する案が妥当であれば認めるという現場主義と対話主義に立っているという点であると思います。」と表現されています。細かな政策は、現時点では明らかになっていませんが、少なくとも、議会や公務員・公的労働者との対立構図を作らず、対話を重視するという姿勢は、現在の市政の混乱を正常化するものとして、大きな評価に値すると考えます。より期待できる候補者は「現場主義と対話主義」を貫きたいとする岩城氏です。

 執行委員会としては、3 月 30 日に予定している岩城氏との懇談会の内容を踏まえて態度を決定する予定ですが、組合員のみなさんがこの問題に積極的に関心を持って河村市政ノーの審判を下されるよう強く呼びかけます。


組合員のみなさんにご案内です。
【いわき正光さんとの懇談会】

● 3月30日(木)12:15〜13:00
● 名市大川澄キャンパス 本部棟2階第1会議室
● 軽食を準備します。


posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 16:51| 活動

2017年03月22日

看護師勤務計画(案)についてのアンケート

看護師部会では「勤務計画(案)について次の要領でアンケートを実施しています。
過日、文書交換でアンケート用紙をお送りしました。
期限は3月27日(月)までです。
各職場の評議員を通じて、組合事務室(内線・川澄8026)へ文書交換(学内便)にてお送りください。
どうぞよろしくお願いいたします。

====

今まで看護基準の中に勤務管理として勤務計画(勤務表作成基準)がありましたが、今回看護部から新たに「勤務計画について(案)」が作成されました。基準として載せるのに矛盾がないかどうか実際に働く皆さんで考えていきたいと思います。
私たちのWLBに関わる大切な問題と考えます。みなさんで、安全・安楽を守りながら、働きやすい勤務について一緒に考えていきましょう。たくさんのご意見をお待ちしています。
各職場で新年度の準備など繁忙な時期かと思いますが、早急に、回答をお願いします。(期限3月27日)

====

アンケートの詳細は学内版サイトに掲載しています。
http://ncu-union2.jp/news/1909/

ご参照ください。
なお、学外から閲覧する場合はIDとパスワードが必要です。
ご了承ください。
posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 16:44| 支部・部会

2017年03月21日

障害者雇用率制度をご存知ですか?

突然ですが、障害者雇用率制度をご存知ですか?

従業員が一定数以上の規模の事業主は、従業員に占める身体障害者・知的障害者の割合を「法定雇用率」以上にする義務があるんです。(障害者雇用促進法43条第1項)
この法定雇用率が、平成25年4月1日から以下のように変わりました。

■民間企業 1.8% ⇒ 2.0%に
⇒従業員を50人以上雇用している企業は、身体障害者又は知的障害者を1人以上雇用しなければならないというものです。
■国、地方公共団体等 2.1% ⇒ 2.3%に
■都道府県等の教育委員会 2.0% ⇒ 2.2%に

名市大は「国、地方公共団体等」に属するため、2.3%ということです。

雇用義務を履行しない事業主に対しては、ハローワークから行政指導があります。
詳しくは次のページに記載されています。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jigyounushi/page10.html

残念ながら、法律改正後、名市大の障害者法定雇用率が充足されたことはありません。
組合としても、充足されるよう強く要求していかなければならない課題の一つだと考えています。

簡単な話ではないことは理解しています。
ホームページなどを見る限り、名古屋大学、大阪大学、岡山大学の障がい者雇用の事例が分かりやすいです。
いずれも、プロジェクトチームなどを組み、全学的な対応しているように感じます。

■名古屋大学の事例

⇒業務内容/下記ページより抜粋

http://sss.adm.nagoya-u.ac.jp/group.html

名古屋大学では,障害者雇用を推進していくため,平成23年1月に業務室を設置しました。
障害のある作業員が指導員の指導・支援のもと,各事務室,附属図書館,保育園など各キャンパス内のあらゆる場所で教育研究等の環境をよりよいものにするために様々な業務に取り組んでいます。

現在は7班(作業員30名、指導員10名)からなる業務支援室一番の大所帯となり、様々な部局から依頼されるスポット業務も数多くこなせるようになりました。

巡回班 (2011.01〜) 巡回業務/AED(自動体外式除細動器)点検業務/軽作業業務
機密書類処理班 (2014.04 〜)
こすもす保育園支援班 (2011.07 〜)
附属図書館支援班 (2011.10〜)
ドキュメントセンター班 (2012.08〜)
園芸班 (2014.04〜)


⇒富士ゼロックスが「印刷の内製化で情報発信力を強化すると同時に、障がいのある方の能力を活かして働く場を拡大」と題して、紹介していました。

https://www.fujixerox.co.jp/company/social/ud/case/pdf/CaseStudy_Nagoya_Univ.pdf


■大阪大学の事例
⇒エコレンジャーの活動
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/guide/diversity/handicapped_support/act/eco

⇒大阪大学環境報告書2013 P15より抜粋
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/guide/information/environment/files/report13.pdf

「エコ・レンジャー」には、スタート当初から現在まで3〜5年以上勤務している方が多く、現在51名が
在籍しています。また、本学の障がい者雇用率は平成25年6月1日現在で2.47%(「障害者の雇用の促進等
に関する法律」において定められている法定雇用率は2.3%)となり、4年連続法定雇用率を達成しています。


■岡山大学の事例 
⇒グッドジョブ支援センター
http://www.okayama-u.ac.jp/user/jinji/diversity/handicap/content.html

⇒雇用状況
http://www.okayama-u.ac.jp/user/jinji/diversity/handicap/employ.html

平成25年雇用率2.44%、雇用者数(実人数)60人、雇用者数(カウント数)78.0人
平成26年雇用率2.40%、雇用者数(実人数)67人、雇用者数(カウント数)79.5人
平成27年雇用率2.40%、雇用者数(実人数)68人、雇用者数(カウント数)81.0人
posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 16:58| 大学情報

2017年03月15日

名市大教職員組合 看護師部主催のバスツアーで浜松へ

名市大教職員組合看護師部会主催のバスツアーが3月11日、晴天の下、開催されました。
うなぎパイで有名な春華堂の「うなぎパイファクトリー」「オークラアクトシティ浜松」でイタリアンのランチブッフェなどを楽しみました。
このバスツアーには家族を含め、79人が参加しました。看護師部会バスツアー恒例で大人気の「いちご狩り」も、もちろんありました。

バスの中では組合活動をDVDで紹介し、組合活動を通じた職場改善活動の重要性をPRする機会も持ちました。

また参加者にはアンケートを実施し、「職場の問題や改善して欲しいこと」「休憩時間と就業時間について」「組合活動の話を聞いて感じたこと、学んだこと」を伺いました。アンケートに回答いただき、ありがとうございました。

第1弾は2月18日(土)に開催されました。行き先は信州を中心に。
バスツアーのレポートは後日、ナースシューズでお知らせします。

追伸
バスツアーに参加した看護師部会のみなさんから書記局にお土産をいただきました。
ありがとうございました。美味しくいただきましたよ。\(^▽^)/(久)

P1080180.JPG   P1080188.JPG


P1080189.JPG   P1080203.JPG

P1080204.JPG   P1080206.JPG


P1080220.JPG


※名古屋市立大学教職員組合は契約職員の固有化への切り替え、超勤縮減、看護師離職防止などに取り組んでいます。

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 10:19| 支部・部会

2017年03月14日

名市大前期合格者入学手続き

いつものように生協食堂で昼食を食べようと席を探していたところ、テーブルにこのような貼り紙を見つけました。

IMG_2704.JPG

そうか、今日は前期合格者入学手続きの日なんですね。
気持ちのよい晴れの日で良かったです。
めでたく名市大に入学される皆さん、おめでとうございます。
たくさん学び、たくさん遊び、いろんなことにチャレンジしてくださいね。

川澄(桜山)キャンパスの本部棟前では新入生のみなさんが長蛇の列をなしていました。
寒い中、お疲れ様です。
早く手続きが済むと良いですね。

IMG_2708.JPG

と思って、様子を見ていたところ、1階ロビーでは市大近くの老舗和菓子店「山田餅」さんが臨時出店しているではありませんか。
それも、市大ロゴ入りの「オリジナルどら焼き」だそうです。
完売したのだろうか。余りそうだったら買ってみようかな。

IMG_2709.JPG

市大職員さんもいろんなことを考えるんですね。忙しい中、大変だと思います。こちらもお疲れ様です。

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 13:05| 大学情報

2017年03月13日

2017年3月10日、事務折衝を行いました

2017年3月10日、本部棟3階特別会議室で事務折衝を実施しました。

○予算要求に関わる職場改善要求書への回答
○労働安全衛生に関する要求書への回答
○医学研究科における分野及び教授(診療担当)の設置について
⇒1)目的 医学研究科において、形成外科学に関する卒前・卒後教育および研究活動を推進するため、形成外科学分野を設置する。
 2)分野の設置 形成外科学分野を新たに設置
 3)人員 教授(診療担当):1名(病院自己収入)
○医学・病院管理部及び病院における勤務時間の割振り変更について
○手術実施体制強化に向けた医師の給与の改正について
○病院におけるパートタイム職員の新設について


詳細は学内版WEBサイト「交渉資料&申入書」ページをご参照ください。


※名古屋市立大学教職員組合は契約職員の固有化への切り替え、超勤縮減、看護師離職防止などに取り組んでいます。

posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 09:00| 交渉

2017年03月08日

PC運用時間管理システムについて

厚労省が「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」(平成29年1月20日策定)を出しています。
ご存知の方も少なくないと思います。
労務管理をされている方であれば、必ず知っていなければならないといっても良い内容です。


項目の一つに、「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置」というものがあります。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000149439.pdf

(2)始業・終業時刻の確認及び記録の原則的な方法
使用者が始業・終業時刻を確認し、記録する方法としては、原則として次のいず
れかの方法によること。
ア 使用者が、自ら現認することにより確認し、適正に記録すること。
イ タイムカード、ICカード、パソコンの使用時間の記録等の客観的な記録を基礎
として確認し、適正に記録すること。



実質的に、「使用者が、自ら現認する」ということはかなり難しいといえます。

つまり、「タイムカード、ICカード、パソコンの使用時間」を記録しなさい、ということですね。
いま現在、名市大ではタイムカードなどでの管理は出来ていません。自己申告制です。

超ホワイト企業(だと、私が思っている)のTろうきんさんが「PC運用時間管理」に使用しているシステムを教えてもらいました。


■システムバンク株式会社
http://www.systembank.co.jp/products/salary/work_s.html


●ログインユーザー毎に、パソコン使用時間の管理を行います。
●就労管理システムとの連動により、 各種監督官庁及び調査機関からの立ち入り調査時の疎明資料として利用できます。

●標準時間として、
   お客様共通    『標準時間』、『月末』、『月初』
   個別運用時間   『ユーザー(個人)』、『職位』、『所属(部門)』
毎に使用時間の設定が可能です。
また、一時的な使用時間変更も可能です。

●終了時間間際には警告メッセージを表示し、作業終了を促します。

●終了時間が到来時に、パソコンを使用中の場合は、メッセージが表示され使用不可となります。


使い勝手は良さそうですね。

もちろん、このシステムで無くても良いので、早急に名市大でもPCでの時間管理を導入しなければならないと思う今日この頃です。
posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 17:27| つれづれ

2017年03月06日

潮干狩りイベントのご案内

「潮干狩りを楽しむ家族の集い」(労福協主催のイベント)が今年も開かれます。
名市大の組合の参加枠は2家族です。先着順に受け付けますので書記局までお申し込み下さい。
201703++_shiohigari.pdf
posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 11:15| 交流

2017年03月03日

名古屋市立大学学術課 パートタイム職員募集について

えっ、学術課でパートタイム職員の募集?という印象が否めません。
猫の手も借りたいという職場が多い中で、特に学術課は忙しい職場のはずです。
パートタイム職員さんが来てくれるだけでもありがたいということなのでしょうが…
忙しい職場だからこそ、きっちり、正規職員を配置し、事業継承を強く意識しなければなりません。

http://www.nagoya-cu.ac.jp/about/recruit/staff/008365.html

それにしても、時給885円は安すぎませんか。近隣の大学と比較しても条件が見劣りします。
大丈夫なのかな。


●名古屋大学医学部附属病院看護部 事務補佐員(看護補助者)
時給 1,030円
http://www.nagoya-u.ac.jp/employment/part-time/index.html

●名古屋工業大学 学術情報課/事務補佐員
時給 1,000円
http://www.nitech.ac.jp/intro/saiyo/

●愛知医科大学 事務職員(司書)
時給 900円〜940円
http://www.aichi-med-u.ac.jp/su17/su1702/saiyou2017_002.html

●愛知淑徳大学〔アドミッションセンター〕事務職員
時給 (大学卒、経験年数5年未満の場合の時間給:1,400円)
http://www.aasa.ac.jp/saiyo/170202.html

●金城学院大学 総務部総務担当非常勤事務職員
時給 1,160円
http://www.kinjo-gakuin.jp/recruit/145.html
posted by 名古屋市立大学教職員組合 at 11:11| 大学情報